カテゴリ:モンテッソーリ教育( 8 )

レッスンの待ち時間に♪

a0116836_1938536.jpg

モンテッソーリ教育の「縫いとり」というものです。小さい子には紙にパンチで穴を開けて、かわりばんこに紐を通す練習をするのですが、これはその次の段階066.gif

紙に●印をつけておいて、刺繍糸や毛糸で絵のものを型どります072.gif

器用になるとともに、次は表かな裏かなと考えるし、絵のものの形を覚えることができますよ!

今回は楽器バージョンで、グランドピアノやトライアングル等を作ってみました060.gif
[PR]

by asato20th | 2012-02-12 19:38 | モンテッソーリ教育

手作りレッスングッツ

a0116836_1855434.jpg

ピアノの鍵盤を段ボールで作ってみました。

洗濯ばさみには、ドレミを書いて張りました。

子ども達は洗濯ばさみを段ボールの各鍵盤にはさみます。

これも手の訓練です。洗濯ばさみは子ども達には、力が必要でなかなかすらすらとはできません。

手を訓練しつつ音階も覚えちゃえという一石二鳥のグッツです!
[PR]

by asato20th | 2009-11-27 18:55 | モンテッソーリ教育

レッスンの待ち時間に

a0116836_19202198.jpg

段ボールでアンパンマンを作って、洗濯バサミをつけました。

これもモンテッソーリ教育です。洗濯バサミは、ハサミを使えるようになるための練習です。

ピアノ教室ではハサミは使いませんが、指の運動になるかなと思い、待ち時間に自由に遊べるようにしました。
[PR]

by asato20th | 2009-09-24 19:20 | モンテッソーリ教育

ペアリングゲーム

a0116836_17371820.jpg

モンテッソーリ教育の研修会で習ったことを応用して、音符のペアリングゲームを作ってみました!

小さい生徒さん用のですね。
同じ音符がペアで重なるようにカードを置いていきます。

ヘ音記号バージョンも作りました。
[PR]

by asato20th | 2009-07-15 17:37 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育研修会2

 今日はまた、江別の晃成幼稚園にモンテッソーリ教育研修会に行ってきました058.gif

 今回は、「感覚教育」です。
感覚教育とは、文字通り視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚で感じて感覚を発達させ、全人格的成長を目指す教育です。

 今の時代はパソコンや携帯を利用する機会が増え、手や指を使って何かをする事が減ってきています。「掃く・絞る」等の経験をすることも、見ることも減っています。
だからこそ今モンテッソーリ教育は重要だと先生はおっしゃっていました。
もちろん、ピアノも頭・手・指・腕を使います。ピアノも頭や手にとっていい事だらけですね!

 その中で印象に残ったことを書きたいと思います。


名称練習
何か新しい言葉を教える時の基本です。
  第1段階 (記銘)        「これは00です。」
                      ex)「これは大きいです。」

  第2段階 (保持)        「00はどれですか?」
                      ex)「を膝に乗せてみて」

  第3段階 (再生)        「これは何ですか?」


 ひとつのことを教えるのに3段階に分けて確認しながら教えていくといいんだなと勉強になりました。


 モンテッソーリ教育とピアノなんて一見何も接点がないように思われますが、研修を受けたことで「あっ、これもレッスンに応用できる!!」ということがたくさん出てきて勉強になり刺激になりました。学生の時はあんなに眠たかった講義も、大人になってからたまに研修会に参加すると楽しいものですね056.gif







      
[PR]

by asato20th | 2009-06-27 21:23 | モンテッソーリ教育

日常生活の練習の各分野

①基本運動
 
 1つ1つの動きを分析して伝えていく分野

②社交的なふるまい

 子どもの人格を陥れないために、社会生活を営んでいく上で必要な礼儀やマナーを伝えていく分野

③環境への配慮

 基本運動でのいくつかの動きが組み合わさって、子ども自身を対象にした作業が行なわれる分野

④運動の調整
[PR]

by asato20th | 2009-06-18 20:57 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは?

「子どもから現れる、自立をしていくための要求である敏感期に、見合った環境と出会い、自分の持っているエネルギーを注ぎ込むことにより、自らの力で自分を完成させていく教育法。」


マリア・モンテッソーリ(1870-1952)は、イタリアの医師であり教育者でした。

彼女はローマのスラムで精神遅滞の子ども達のために働きながら、自分の教育理論の形成に取り組みました。

その後、健常児の教育に関心を持つようになり、2歳半から7歳までの子ども達のために彼女の最初の学校「子どもの家」を開設しました。


モンテッソーリ教育の分野

 ★日常生活の練習
 ★感覚教育
 ★言語教育
 ★算数教育
 ★文化教育

このうち日常生活の練習感覚教では、ピアノを弾く為の筋肉の動きや力をつけたり、手や指を器用に使う為の練習になりそうなので、これからピアノのレッスンで取り入れていこうと思っています。
[PR]

by asato20th | 2009-05-29 12:03 | モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育

土曜日、江別市の晃成幼稚園にモンテッソーリ教育の研修会に行ってきました。

晃成幼稚園はモンテッソーリ教育を取り入れた数少ない幼稚園です。私も以前働いていました。

モンテッソーリ教育を一言で説明をするのは難しいのですが、日常生活で子ども達が興味を持つことを細かくかみ砕いて、遊びとしていつの間にか習得していきます。

小さいうちから指先や手首を使うことで、箸や鉛筆が上手に持てるようになったり、集中力や判断力も身についていきます。






私は、私のピアノ教室にもモンテッソーリを取り入れていきたいと思っています。
教具はこれから手づくりしていきたいと思っています。

あることができなかったときに、そのことを何回も練習・特訓するのではなく、1つ前の段階に戻ってクリアしていくという方法もモンテッソーリ教育の一部だそうです。

私もそういう意味では、もう取り入れていたんだなって思いました。
[PR]

by asato20th | 2009-04-27 20:33 | モンテッソーリ教育